イベント&ニュース

令和3年度学びを継続するための緊急給付金について(一部注意事項朱書追記)

新型コロナウイルス感染症の影響で、世帯収入・アルバイト収入が減少し、修学の継続が困難になっている学生が修学

をあきらめることがないよう現金(10万円)を支給する国の学生支援緊急給付事業(学生等の学びを継続するための緊急給付金)

が開始されます。

家庭から自立してアルバイト収入で学費を賄っていること、新型コロナウイルス感染症の影響でその収入が減少していること等が

要件となり、学校が申請を受付、審査後、とりまとめ日本学生支援機構に推薦します。

 本事業の詳細は、次の文部科学省公式ホームページをご確認ください。                              

 

学生等の学びを継続するための緊急給付金(令和3年度)

 

本校の皆さんの申請要領

 1 令和3年12月10日に「給付奨学金」を受給された方

   申請は不要です。

   すでに、受給の意向と受取口座変更希望についての確認を終了しました。

   学校からこの結果を日本学生支援機構に通知します。該当する学生の皆さんの手続きはありません。

 (「給付奨学金」を受給せず貸与型奨学金(第一種奨学金、第二種奨学金)のみを受給している方は2項の申請が必要です。)

 

 2 1以外で新型コロナウイルス感染症の影響で修学の継続が困難になっているため緊急給付金の給付を希望する方

  申請が必要です

  「学生等の学びを継続するための緊急給付金」申請の手引き(学生・生徒用)をお読みください。

  支給対象者の要件(基準)がP4にありますので確認してください。

  この要件(基準)2項①~⑤に合致する場合及び一部合致しないものの経済的理由により修学の継続が困難と認められる場合は、

  推薦の対象者となります。

  受給希望者は、

  【様式1】【様式2】を記載し、必要な添付書類とともに学生課に申請してください。

             詳細は、申請の手引きP6で確認してください。

   期限は、令和4年1月14日(金)13:00です。

  注意事項

  ◆①~⑤を証明できる書類は原則添付してください。やむを得ない理由により添付が困難な場合は、証明となる根拠事項を、

   【様式1】3申し送り事項に記述してください。(枠内に記載しきれない場合は別紙(任意)添付)  

  ◆①~⑤の要件の一部を満たさない場合は、経済的理由により修学の継続が困難な状況を具体的に「申し送り事項」に記述して

         ください。

  ◆次の場合は、「申し送り事項」に記述してください。 

    ・多子世帯やひとり親世帯の場合はその状況

    ・アルバイトに従事していない場合はその経緯と理由

    ・奨学制度を活用している場合はその名称

 

  記入漏れがないように注意してください。また、虚偽が判明した場合は緊急給付金を返還していただく場合があります。

 

  「学生等の学びを継続するための緊急給付金」申請の手引き(学生・生徒用)PDF

  様式1】申請書 word

   【様式1】申請書PDF

   【様式2】誓約書 word

  【様式2】誓約書PDF 

イベント&ニュース一覧に戻る
トップに戻る
zzzzzzzzz